腐乱する日差し。


kaki


部屋の前ですずなりに実を成らせていた柿が、毎日のように野鳥たちについばまれて、ぱっくりとオレンジの中身をさらけだし、そこに昼の日差しがあたってテラテラとろけている様が、とても蠱惑的だったので、おもわず見とれた。そんな日。